流星群を見にいこう!2018夏休み自由研究もバッチリ

ryuseigun

夏休みの家族旅行、今年はどちらに行かれますか?

欲ばりなわたしは、目的を持った旅が好きです。

例えば、大好きなアーティストのライブや美術展などと旅行を組み合わせて楽しんでいます。

そうすることによって、旅が2倍3倍と楽しいものになり、思い出もより印象深く残っていきます。

ということで、今回お勧めするのは「夏休みにペルセウス座流星群を見る旅」です。

お盆休みがとれる方は、ご家族で流星群を見に行くというのはいかがでしょうか。

今年はその時期が新月で月の光の影響がないので、観測には絶好のタイミングです!

まだ計画を立てていない方も、ぜひ参考にしてください。

ペルセウス座流星群はいつ、どの方角に見られるの?

さて、今回の流星群は「ペルセウス流星群」です。7月半ばから8月20日過ぎまで出現しますが、そのピークは8月11日から13日頃になります。

中でも12日の21時頃から見え始め、13日の明け方前が最多になるそうです。

流星が飛び出してくる放射点が12日夜からだんだん上がり始めて、13日明け方前に一番高く上がるため、12日深夜から13日未明にかけてが観察に適した時間帯になります。

また12日から13日の真夜の中の放射点の方角は、北東空、北極星より東寄りでカシオペア座の少し下になります。

ただし反対側の空でも流星が見られるそうなので、寝転がって空一面が見られる状態で観察するのが良いと思います。

条件が良ければ、なんと40個ほど観測できる可能性があるそうです!

テンション上がって、願い事たくさんしちゃいそうですね。

補足ですが、自由研究の題材にされるお子さんには、お母さんからの事前情報はほどほどに!

お子さんの自由研究ですから、お子さんが主体的に考えられるよう導いてあげて下さい。

流星群ってなぜ毎年同じ時期に見られるの?

では、流星群とはどのようが現象で、どうして毎年同じ時期に見られるのでしょう。

また流れ星と違って、たくさん見られるのはなぜでしょう。

この機会に、簡単に説明したいと思います。

みなさんもよくご存じの彗星(ほうき星)は尾を持っているのが特徴ですね。

惑星の軌道がほぼ円形なのに対して、彗星の軌道は細長い楕円形をしているものが多く、その軌道上にチリを放出しながら太陽のまわりを回っています。

彗星のチリも軌道を周っていて、そこに地球の軌道が交わった時、彗星のチリの粒が地球の大気に飛び込んできたものを流星や流れ星と呼んでいます。

地球は太陽のまわりを1年で1周し、同じ時期に彗星の軌道を通過するため、毎年同じ時期に同じ流星群が見られるというわけです。

星が空の1点から飛び出してくるように見える点を「放射点」と呼びますが、その放射点がある星座の名前を取って○○座流星群と名付けています。

夏休みの自由研究の題材にしよう!

自由研究のテーマを何にするか、毎年、頭を悩ませていると思いますが、今回は「ペルセウス座流星群」をテーマにしてみてはいかがでしょうか。

旅行前に下調べをすることで、流星群をより楽しめ、お子さんにも天体についての知識が身に付く事まちがいなしです。

そして楽しい家族旅行が終わったら、観察結果をまとめて自由研究を仕上げてしまいましょう。

自由研究のまとめ方

1、タイトルを決める

例、ぺルセウス座流星群の観察

2、テーマ決定のきっかけ、動機

例、「流星群」とはどれくらいの数の流星が見られるのか知りたかった。

3、仮説を立てる、予想する

例、北の空に20個くらい

4、観察の方法、手順

例、ペルセウス流星群の見える方角について星座の本や天文台のホームページで調べた。

昼のうちに、方位磁針で方角を確認し、周囲の写真を撮っておいた。

スケッチブックにも周囲の風景や暗くなって見える北極星の位置を描いておいた。

5、用意したもの

例、星座早見表、カメラ、方位磁針、スケッチブック、懐中電灯など

6、観察

例、●月●日 午前2時~2時半  ○○個

午前2時半~3時  ○○個

午前3時~3時半  ○○個

北極星やカシオペア座との位置関係が分かるように撮影する。

スケッチブックに放射点を記入する。

7、予想通りだったり、違ったりしたこと、反省など

いかがだったでしょうか。

このような手順でまとめれば立派な自由研究になりますし、家族旅行の思い出としても残すことができますね。

流星群を見るのにオススメの宿泊地は?

ご自宅で星を見ようとすると、どうしても街の灯りが邪魔をして見えにくいですよね。

せっかくの流星群ですから、星のきれいな山に行ってたくさんの流星を見つけませんか?

そのために、わたしがおススメするのが、「清里高原」と「八ヶ岳」です。

ホテル内に天文台や天体観測ドームを設けているホテルもあるので、流星群観察には最適の宿泊地だと思います。

2泊すれば天候が悪くなっても安心ですし、周囲の観光もゆっくりできますね。

それでは、今年の夏休みがあなたにとって思い出深いものになりますように。

Happy Ⅼearning!

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする